過払い返還の基礎事項

main-img

過払い返還と言うのは、10年ほど前にグレーゾーン金利撤廃により、それまで多めに払っていた金利の分を、消費者金融から取り戻すことです。これは消費者金融との交渉になりますから、代理をできるのは弁護士か認定司法書士に限られています。

大阪の自己破産の正しい情報はこちらです。

認定司法書士に関しては、受任できる金額に上限がありますから、その点だけは注意が必要です。そもそも、長年利息制限法と出資法の上限金利が異なっていたため、慣例として消費者金融はグレーゾーン金利を適用していました。しかし、それが最高裁判所で違法と判断されたために、利用者にその分の金利を返還する必要が出てきたのです。

神戸の税理士情報を集めたサイトです。

この過払い金の返還によって消費者金融の財務状況は悪化し、大手消費者金融が破産をすることもありました。
しかしそうした消費者金融業界とは対照的に、過払いバブルとなったのが弁護士業界と司法書士業界です。債務整理専門の弁護士や司法書士が出現するほど、この業界は過払いバブルに沸き立ちました。

本当に役に立つ大阪の会計事務所の情報が詰まったサイトです。

テレビでも昼夜問わずに盛んにこうしたCM放映されていました。

しかしながら、過払い返還を求める人はかつて金利を払っていた人達です。
当然ながら、法律が改正された時点でグレーゾーン金利は撤廃されていますから、過払い返還を求める人は年々減り続けますが、決してその数が増えることはあり得ません。

会社設立は奈良でについて考察してみましょう。

現在はその最後の掘り起しの時期と言ってよいでしょう。

あなたに合った条件で大阪の自己破産は評判がとっても良くて有名です。

今は相談するだけなら無料の事務所が多いですから、まずは相談をしてみましょう。債務整理の方法のひとつとして、過払い金の回収を目的とした、過払い金返還請求があります。

http://girlschannel.net/topics/614561/

これは通常、任意整理という債務整理を行いながら同時に請求するのが一般的です。

http://smany.jp/2231

過払い金とは、払いすぎた利息分のお金であり、金融業者の多くは、出資法に基づいた年29.2%を上限として貸付を行っているのに対し、債務整理で用いるもうひとつの法的利率である利息制限法では、元本が100万円以上で年15%、10万円以上100万円未満は年18%、10万円未満で年20%と決められています。

ですから出資法と利息制限法での両者の利息には差が生じている事が見てとれます。
この差がいわゆるグレーゾーン金利と言われているものです。

http://okwave.jp/qa/q2752017.html

グレーゾーン部分の差が払いすぎている利息であるとみなし、返還の請求を行うという事です。


過払い金は、返済中の残債務があれば、そこにまずは充当させます。

ですから、借金の大幅な減額や、場合によっては帳消しになる事もありえます。また、利息制限法を用いて正しく引き直した時に、すでに完済しているとみなされる場合もあり、このような場合は完済していると気が付かずにこれまで返済をしていたわけですので、こちらも過払い金として回収が可能です。


過払い金の返還請求は、過去に完済している債務に関しても請求が可能であり、細かな明細書などがなくても行えます。

また、周囲に知れる心配もありませんし、過去の取引に関してはブラックリストへの登録もされません。

関連リンク

subpage01

完済済みでも過払い金の請求は可能

過払い金の請求は通常債務整理の方法のひとつである任意整理と同時に行います。法律上払いすぎているとみなされた利息分のお金が過払い金でありそれまでの債務の残金に過払い金を充当させ債務を大幅に圧縮する事が可能です。...

more
subpage02

クレジットカードに対する過払い金返還請求権

過払い金返還請求権とは、利息制限法を超える無効な利率で金銭消費貸借契約が行われた場合に、債務者がこれを支払った場合にこれに対する不当利得返還請求権をいいます。そして、この過払い金返還請求権は主に闇金融に対する請求である場合が多いです。...

more