完済済みでも過払い金の請求は可能

main-img

過払い金の請求は通常債務整理の方法のひとつである任意整理と同時に行います。

過払い金の請求情報探しに特化した総合サイトです。

法律上払いすぎているとみなされた利息分のお金が過払い金でありそれまでの債務の残金に過払い金を充当させ債務を大幅に圧縮する事が可能です。法定利息を用いて引き直しを行った時点で完済しているとみなされる場合もありこうした場合は気が付かずにそれまで返済をし続けていたわけですから借金が結果的に帳消しになった上多く払いすぎたお金も手元に戻ってくるという事になります。
そして、過払い金の返還請求は過去に完済している債務に対しても適用できます。


過去10年以内の取引であれば過払い金が回収できる見込みもありますので、一度相談してみる事をおすすめします。

岸和田の税理士の情報といえばココです。

弁護士などの専門家が債務者に代わって金融業者などから過去の取引履歴を取り寄せる事が可能ですので、明細書などを紛失していたとしても心配はいりません。


この場合は過去に取引していた金融業者名と免許証や保険証などの本人確認書類があれば大丈夫です。通常の債務整理この場合は任意整理と同時に過払い金の請求を行う方法ですがこれは自己破産などとは違い破産者リストや官報に記載される事はないもののいわゆるブラックリストに載る事は免れません。しかし過去に完済した場合の過払い金の返還請求に関してはブラックリストに登録される事がありませんのでその後の生活に影響もなく安心と言えるでしょう。

近年メディアを中心に過払い金についての広告が頻繁になされるようになりました。

奈良の税理士について分かりやすくまとめてあります。

そして、その広告を行っているのは主に弁護士と司法書士となっています。


それでは、どのような場合にどちらに相談するべきでしょうか。

今、評判なのはこちらの過払い請求情報を参考にしましょう。

以下、この点について説明します。

あなたに合った奈良の税理士のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

まず、司法書士は、法律文書に関する専門家であり、貸金等の金銭消費貸借契約についても専門性を有しています。


そこで、金銭消費貸借契約から生じた不当利得返還請求権である過払い金返還請求権についても専門性を有しています。

http://matome.naver.jp/odai/2138450761032235701

もっとも、訴訟手続における訴訟代理人は弁護士のみが行うことができるとされています。そのため、一般訴訟手続において司法書士が代理人となることができません。

しかし、訴訟手続について弁護士のみに訴訟代理権が与えられているとするのはあくまで一般訴訟手続に限られています。

https://4meee.com/users/profile/625838

そのため、このような規定の適用のない簡易裁判所手続きにおいては適用されません。
したがって、簡易裁判所手続きの場合には司法書士が訴訟代理人となることができます。

http://okwave.jp/qa/q4209058.html

そして、簡易裁判所は請求金額が140万円以下の事案を扱う裁判所をいいます。
よって、司法書士は過払い金請求権の金額が140万円以下の事案についてのみ扱うことができます。

これに対して弁護士に関してはそのような制限はありません。
したがって、過払い金返還請求権の額が140万円を超える金額である場合であっても弁護士は当該事案を取り扱うことができます。

関連リンク

subpage01

完済済みでも過払い金の請求は可能

過払い金の請求は通常債務整理の方法のひとつである任意整理と同時に行います。法律上払いすぎているとみなされた利息分のお金が過払い金でありそれまでの債務の残金に過払い金を充当させ債務を大幅に圧縮する事が可能です。...

more
subpage02

クレジットカードに対する過払い金返還請求権

過払い金返還請求権とは、利息制限法を超える無効な利率で金銭消費貸借契約が行われた場合に、債務者がこれを支払った場合にこれに対する不当利得返還請求権をいいます。そして、この過払い金返還請求権は主に闇金融に対する請求である場合が多いです。...

more