過払い金の発生と取り戻せる金額

main-img

過払い金は二つの金利に関する法律の差異が原因です。


まず『利息制限法』にて、「10万円未満なら年利率20%まで」「100万円未満なら年利率18%まで」「100万円以上なら年利率15%まで」を掛けてもいいとしています。
この金利を越える貸付は違法なので禁止されています。
ただし『出資法』という、もう一つの法律では「年利率29.2%を超えた場合に刑事罰に処す」としています。



となると、こう解釈できます。


利息制限法を越える貸付けは違法だけど、出資法を越えない限りは刑事罰(禁固刑や罰金)がないとなります。

この矛盾によって、15%・18%・20%〜29.2%内での金利で貸付をする業者が横行し、本来は支払う必要のなかった利息まで支払わされていたことによって過払い金の発生につながります。

ただし、利息制限法を越える貸付けに刑事罰はないとしても、違法には違いないので、貸金業者に過払い金の返還請求を行うことで取り戻すことができるお金です。



ですが、「違法金利で貸付けられている=過払いの発生」ではなく、返済期間に応じて過払いが発生するかどうかが決まります。



なので、かけられた利率、返済期間、借入額によって、過払い金の有無と払い過ぎた金額が変わります。これを確かめるには利息制限法と出資法の年利の差を計算し直してみる必要があり、これを引き直し計算と言います。



引き直し計算をしないことには過払い金請求ができないので、まずは事実確認のために引き直し計算を行うことが必要です。

近年、払いすぎた利息を取り戻せるという過払い金請求という言葉を良く耳にするようになりました。

不景気な時代ですので、お金が戻ってくるのなら少しでも取り戻したいと思うのが普通です。



そのため多くの過払い金請求が発生しています。



この過払い金請求は消費者金融との交渉が必要となります。そうなるとなかなか素人では交渉が難しく、上手に交渉できない場合があります。

そうならないために過払い金請求については専門の機関へ相談するのが一番の得策です。



弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが良いですが、インターネットなどで無料で相談を受け付けてくれるところがあります。

そのようなものを利用してみると自分の借金は過払い金請求が出来るものなのかどうかを判断することができます。
また、今現在は借金をしていないが昔借金をしていてい返済し終わっているという方も注目すべき制度です。


この請求は借金の契約終了後10年間は請求できるというものなの過去の借金について思い当たることがある方も相談してみると良いです。

ご家族には秘密にしたいという方も家族に秘密に過払い金請求をしてくれるので安心して請求できます。


いろいろな相談機関がありますので、インターネットで調べて気軽に相談してみると意外に多くの過払い金が発生している場合があります。



ご自分で請求する為に行動を起こさなければ返金されないお金なので、しっかりとアクションを起こして返金してもらうことが大事です。

関連リンク

subpage01

完済済みでも過払い金の請求は可能

過払い金の請求は通常債務整理の方法のひとつである任意整理と同時に行います。法律上払いすぎているとみなされた利息分のお金が過払い金でありそれまでの債務の残金に過払い金を充当させ債務を大幅に圧縮する事が可能です。...

more
subpage02

クレジットカードに対する過払い金返還請求権

過払い金返還請求権とは、利息制限法を超える無効な利率で金銭消費貸借契約が行われた場合に、債務者がこれを支払った場合にこれに対する不当利得返還請求権をいいます。そして、この過払い金返還請求権は主に闇金融に対する請求である場合が多いです。...

more