過払い金の原因と解消

main-img

借金の返済をしていく中で、過払い金が生じることがあります。

信頼性の高い過払い情報が揃っています。

過払い金とは、払いすぎてしまったお金のことであり、つまり、返済しすぎてしまった借金ということです。
分かりやすく具体的に説明します。お金を借りたら、そこへ利息をつけて返済するのが借入れです。しかし、利息には法律で上限が設定されており、「元金10万円の借入れの場合は年利率20%まで」「元金10万円以上100万円未満の借入れの場合は年利率18%まで」「元金100万円以上の借入れの場合は年利率15%まで」と規定されています。

あなたの探していた大阪市周辺の税理士情報の公開中です。

これを利息制限法というのですが、この法律を破る貸付けは違法となり無効化されます。
ただ、債務者の中には、知らずのうちに利息制限法を越える金利で貸付をされていた人も多く存在しています。

違法であるにも関わらず、何故、こういった貸付が行われていたのかというと、もう一つの金利の法律である出資法にて「年利率29.2%を越えない限りは刑事罰に当たらない」としていたためです。



つまり、利息制限法を越えた金利での貸付けは違法でも、29.2%を越えない限りは罰則なしとしていました。



この法律の矛盾点が過払い金を招いた原因です。さて、現在は、この矛盾点が解消されているので、今後の借り入れに関しては過払い金が発生する危険性はなくなっています。また、発生してしまった過払い金については、過払い金の返還請求をすることで払いすぎた分のお金を取り戻すことができます。



過払い金とは借入れにおいて、返済しすぎてしまった利息分のことです。

本来、借入れの返済の際に掛けてもいい利息は「利息制限法」という法律にて規定されています。


しかし、債権者によっては、この利息制限法を上回る金利で貸付をしており、そうなると債務者は本来返済する必要のないお金まで返済している可能性があります。

ただし、こういった貸付け方は違法には違いがないので、もしも過払い金が生じている場合は然るべき請求を債権者に行うことで取り戻すことができます。


これを過払い金の返還請求と言いますが、返還請求を行う場合は事前にしておきたいことがあります。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201606/CK2016062302000167.html?ref=rank

それは過払い金の事実確認です。


過払い金の事実確認とは、実際に自分の借金には払いすぎたお金が生じているのかという事ですが、これを確かめるには取引き履歴から引き直し計算をしてみることが必要です。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000G477E

取引き履歴は、借入れしている債権者に連絡を取って開示してもらいます。
それを元に今までの利息分を計算しなおすことで、過払い金が実際に生じているかどうかが分かります。

https://4meee.com/articles/tag/life/page:136

少々、面倒ではありますが、できないことはないのでやってみたいと思う方はチャレンジしてみればいいですが、もしも自分ではできない、面倒だと思うなら法律家に計算してもらうことも可能です。

有料になりますが、スムーズに計算をしてもらえるし、払いすぎが生じていたらそのまま過払い金の返還請求を代理で行ってもらうこともできます。


関連リンク

subpage01

完済済みでも過払い金の請求は可能

過払い金の請求は通常債務整理の方法のひとつである任意整理と同時に行います。法律上払いすぎているとみなされた利息分のお金が過払い金でありそれまでの債務の残金に過払い金を充当させ債務を大幅に圧縮する事が可能です。...

more
subpage02

クレジットカードに対する過払い金返還請求権

過払い金返還請求権とは、利息制限法を超える無効な利率で金銭消費貸借契約が行われた場合に、債務者がこれを支払った場合にこれに対する不当利得返還請求権をいいます。そして、この過払い金返還請求権は主に闇金融に対する請求である場合が多いです。...

more